これですぐ避妊できる|プラノバールとは一体どんな薬?その解説をしていきます

これですぐ避妊できる

カプセル

プラノバールを使用する上で、実はヤッペ法と呼ばれる方法で避妊効果を高めることができます。
ヤッペ法は言い換えれば「緊急避妊法」のことで、多くの病院でも積極的に摂り入れられている避妊方法になります。

主にヤッペ法を実践する上ではレボノルゲストレスが1mg、そしてエチニルエストラジオールが0.1mg必要だといわれていて、その条件を満たすプラノバールがヤッペ法によく使われているわけです。
さらにヤッペ法がおこなわれる理由にはもうひとつの緊急避妊法として有名なノルレボの認可が遅れたことも挙げられます。

ではヤッペ法に関する詳しいやり方についてですが、基本は避妊に失敗してから72時間以内にプラノバールを飲むようにします。
そして飲んだ後はさらに12時間待って、再びプラノバールを飲みます。
もしちゃんと成功したら必ず服用して数日後に生理が来るようになります。

また排卵前にするか排卵後にするかによっても避妊される仕組みが変わってきます。
たとえば排卵前だと排卵を遅らせて受精を防いでいきます。
つまり卵巣機能にブレーキをかけるわけです。
排卵が起こる前に精子が死滅すれば着床しません。

そして排卵後に関しては子宮内膜が急激な変化を遂げます。
これによって着床を防ぐことができるわけです。
受精卵が着床してしまうまでに子宮内膜をはがせば妊娠はしません。
実際にはがれたものが消退出血として出てきます。

いつのまにかノリでセックスしてしまった、どうしよう…と思ったときには、ぜひ緊急避妊法としてヤッペ法を試してほしいと思います。